世界裁判放浪記=カバー&帯_web用.jpg
世界裁判放浪記 

原口侑子(著)

頁数:344頁
予価:2200円+税
ISBN:978-4-910108-07-0 C0095
装丁:宗利淳一
2022年3月下旬発売予定

「古今東西、人のいるところどこにでも『裁判』はある。
傍聴席から見たそれぞれの国は人間臭く、その細部(ディテール)を辿っていけば、世界はいまだに広い。
『当たり前のことは当たり前』でなくなるのが、旅。
その道をまっすぐに進む原口さんは、ひたすらすがすがしい」

 

辻山良雄さん(書店「Title」店主)推薦!



とある法律事務所に勤めていた弁護士は、あるとき世界各国放浪の旅にでる。目的の1つは裁判傍聴。訪れる先々で法廷へおもむき、傍聴したその国は30カ国。
各地で出会う魅力的な人々や文化、そして緊張感ただよう法廷内外の様子、はたまた裁く者や裁かれる者たちの人間模様などなどを、ときに弁護士、ときには旅人の視点でみずみずしく描く。
番外編として東京地方裁判所の裁判員裁判「覚せい剤密輸事件」をおった迫真のルポも収録。

【目次】

第1部 ユーラシア(その一)
 1 ユーラシアの交差点でーートルコ共和国[イスタンブール]
 2 時間の降り積もった旧司法宮ーーフランス共和国[パリ]
 3 裁判所の一歩手前ーーバングラデシュ人民共和国(その一)[ダッカ]

 番外編 2009年、東京地方裁判所ーー日本(その一)[東京]

第2部 アフリカ(その一)
 4 裁判所を歩き始めるーーエチオピア連邦民主共和国[アディスアベバ]
 5 遠い場所、最高裁という場所ーーケニア共和国[ナイロビ]
 6 近い場所、青空裁判ーーマラウイ共和国[リロングウェ]
 7 裁判メモは時を越えるのかーータンザニア連合共和国[タンガニーカ/ザンジバル]

第3部 アフリカ(その二)
 8  歴史と秩序/何がどこまで虚構なのかーールワンダ共和国[キガリ/ブタレ]/ブルンジ共和国[ブジュンブラ]
 9 スワジ人の「作法」ーーエスワティニ王国(旧スワジランド王国)[マンジニ]
 10 死の谷に住まう、アフリカ人裁判官とスプリングボックスーーナミビア共和国/カラハリ砂漠の国々[ウィントフック/ヨハネスブルク]

 番外編 2020年、東京地方裁判所ーー日本(その二)[東京]

第4部 ユーラシア(その二)
 11 裁判所からの帰り道ーーバングラデシュ人民共和国(その二)[ダッカ]
 12 法廷に透明な箱ーーイタリア共和国[トリノ]

第5部 北太平洋と南米
 13 太平洋のへそに法廷通訳ーーアメリカ合衆国[ハワイ州]
 14 「正義の女神」と裁判中継ーーブラジル連邦共和国[ブラジリア]

 番外編 裁判員裁判、覚せい剤密輸事件ーー日本(その三)[東京]

第6部 ユーラシア(その三)
 15 光射すコートハウスーーブルガリア共和国[ソフィア]
 16 初夏のロシア人にあてられてーーロシア連邦[サンクトペテルブルク]
 17 四川の流儀ーー中華人民共和国[成都]
 18 川の国の判決を読んでーーバングラデシュ人民共和国(その三)[ダッカ]

第7部 南太平洋
 19 裁判所から泳ぎ出るーーサモア独立国[アピーア]
 20 島内の流儀、世界の流儀ーーフィジー共和国[ヤサワ諸島/ラウトカ]
 21  権利の所在と神話ーーニュージーランド[クライストチャーチ]
 22 世界の交差点に住まう非トンガ人裁判官とクジラーートンガ王国[トンガタプ/ハアパイ]

 番外編 「正解」と判決ーー日本(その四)[東京]

エピローグ

​【著者】

原口 侑子(ハラグチ ユウコ)

東京都生まれ。日本法弁護士。東京大学法学部卒業、早稲田大学法科大学院修了。弁護士を休業中に各地を転々とし、アジア・アフリカ・中南米・大洋州を中心に124カ国訪問。現在は主にアフリカの司法制度調査プロジェクトに従事している。